学校で「学びづらさ」を感じている子どもたちへの教育

no-manabu
no-manabu2
勉強は、
「できるまで頑張る」のではなく「やってみる」
教室は、
「先生と生徒」だけではなく、「いろんな人」がいる
生徒は、
「勉強」だけではなく、「おしゃべりや遊び」もする

「やってみる」をサポートするための、「目標と方法」

学びづらさを
解消する
  • 発達障害や特別支援教育にも対応
  • 違う年齢の人と一緒に学ぶ
得意・不得意や
好き嫌いを
知る
  • 毎回少しずつ違う学習内容
  • 毎回の「ふりかえり」を習慣化
1.学びづらさを解消するために
  • 本人の特性に合わせたカリキュラムの内容
オーダーメイドの
学習カリキュラム
発達障害や
特別支援教育にも対応
先生は
「課題設定」の専門家
  • 学校とは違う環境で学ぶ
「おしゃべり・遊び」
もする教室
違う年齢の人と
一緒に学ぶ
先生以外の
大人とも関わる
2.得意・不得意や好き嫌いを知るために
  • やってみる経験を重ねる
毎回少しずつ違う
学習内容
勉強方法を
自分で決める経験
激甘なのに
真剣な先生たち
  • ふりかえる習慣をつける
毎回の「ふりかえり」
を習慣化
人と自分の意見を
くらべる経験
やたらと質問する
先生たち